屋形船活用術

~屋形船で粋な時間を過ごそう~

屋形船の様々な魅力

屋形船とは、屋根を取り付けた小さな船で船遊びに使います。東京近郊で乗船できる場所は東京湾や横浜港付近の川等から乗ることができます。団体のお客が船ごと貸し切って宴会をする形が一般でしたが、最近では2~3人の個人客も楽しむことができ手軽に利用できるようになっています。 船に乗って美味しい食事や飲み物を飲みながら観光名所を巡ったり、夏は花火を楽しんだり粋な時間を送ることができます。食事の内容も東京湾の魚を使った天ぷらや寿司等の料理や、東京名物のもんじゃ焼きを食べさせてくれる船もあり食事も魅力的な内容になっています。また掘りごたつ式になっている船等船ごとに特徴があるので、お年寄りや外国の方などが使いやすいようになっています。他にもカラオケがついていたり水洗トイレもついていたり船の中も便利で楽しめるようになっています。また船酔いを心配される方がいると思いますが、通常の船より幅広く作られていて、横揺れの少ない設計になっているので船酔いはほとんどありません。

屋形船の料金について

普段の食事と趣向を凝らした食事とでは、同じ料理でも味が格別に感じられるのだそうで、船の上で食べる食事は、ただでさえおいしい料理がことさらおいしいのだそうです。新鮮な魚介類を使った刺身やてんぷらを、屋形船に乗って味わったとしたら、それは景色もまた調味料になって当然といえるでしょう。 船で食べる料理は、どこの店でもいくつかコースを設定しています。たいていの場合が飲み放題をつけており、追加料金が発生しないようにしていますが、まれにリーズナブルな設定にする代わりに、飲み物の料金は別に分けている場合もあります。年配の方が多いなど、あまり多く水分をとらない団体や個人客にお勧めでしょう。また、小学生以下のお子さんをお持ちのご家族が乗る場合、お子様用の料理を用意している店もありますし、七五三などのお子様が主役のプランもあります。 たいていが10名からの団体客で受け付けていますが、まれに5名程度でも貸切で受け付けている店もあります。ただし料金は若干割高になります。

Copyright(c) 2011 屋形船活用術 All Rights Reserved.